スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと、言わせてね。

昨日の家の点検の絡みで
思い出したくないけど、思い出しちゃった人のこと
ちょっと書くわ。


それは家のアフターケア(?)担当者Hさんのこと。


彼には、11ヶ月点検から半年くらい前までお世話になったのだけど、

初めてお会いしたとき

この人に任せて大丈夫なのか?

的な人だった。

ほら、いるじゃない?独特の雰囲気をかもし出す人。


で、期待を裏切らずやってくれちゃった人なのよ。



点検のとき、まずね挨拶するわけ。
初めて会うんだし?
「え~と。わたし、Hと申します。
あ!名刺…名刺(ごそごそ)すみません。今切らしてまして。」

(忘れたんでしょ?)

から始まって、


カーテンのポールが緩んで、壁から浮いてしまっていたのを直しているとき。

カラーボックスの上に置いてあった新品の自転車用ヘルメットを足で引っ掛けて落としてしまった。

「あ。落っこっちゃった。すみません」

それだけかよ!!
家、汚いけど、新築だぜ!?
ヘルメット1回も使ってないんだぜ!?



で、むすめ1がカーテンを引っ張って壁とポールのつなぎ目にある金具を割ってしまったときのこと。

Hさんが来てくれるまでの2日間、居間のカーテンなしの丸見え状態で過ごした我が家。

「やっと、カーテンがかけられる!」

と、楽しみにしていたのに。

に!!


脚立に上って、いざ取り替えようとしたら

「あれ?色が…」


微妙に違う


しかも


Hさんが持ってきた微妙に色違いの新しい金具落としましたよ!?


ぽき


折れましたけど!!!


「あららら。すみません。でも、この分の代金はサービスになりますので」


当たり前じゃ!!!

じゃ、なにか?

あんたが間違ってもってきたうえに、落として割った金具の代金を
ホントは家が支払いするわけだったとでも!?


その後1週間、カーテンなしの丸見え状態が続いたのだ。


そのとき、家の都合と、Hさんの都合を合わせるために
Hさんが自分の手帳を開いたのだが


真っ白

合わせるも何も、いつでもいいんじゃん?暇なんでしょ?


決定的だったのは、


家は西向き玄関で、玄関側は大きな道路。
弱い風でも、玄関が風の吹き溜まりになり
下手をすれば私が玄関のドアごと吹っ飛ばされる。

のを、改善するために、風除室
を建てよう。とHさんに相談したときのこと。

いや。本当は信頼していた営業マンAさんにお願いしたのだが
忙しいと言う理由でHさんに回ったのだ。

でも

「わかりました。いや、金額的にはこのぐらいでできます。大丈夫です。
じゃ、業者のほうと相談しまして、図面をお届けします」


と言ってから2週間音沙汰がないので、
連絡先がわからない私はAさん
どうなっているのか聞いてみた。


それから2日後に図面が郵送されてきた。

その中には、図面と見積書とHさんの名刺

名刺の裏には何かありましたらわたしの方に直接連絡くださいと。

私には

「Aさんに連絡されると、自分の仕事のできなさを怒られるので、文句があるなら自分に言ってくれ」

と言っているようにしか見えませんが??


彼との接触はここまで。

後日、いきなり業者がきて
から連絡きてなかったですか?」(来ているわけがない)
の挙句、
初めて図面みました
この値段では絶対無理です

これじゃ~ねぇ。

に話通してみます

と帰ってもらったが

結局Hさんからの連絡は一切なかった。


2ヶ月待って営業のAさんに正式にお断りしたのは言うまでもない。
それと一緒に
Hさんを、もう家によこさないでほしい」とも。


昨日、きてくれた新しい担当さんと、改めて話をした。
何度も、何度も、頭を下げて謝ってくれた。
「話を聞かせてください」
とも言ってくれた。


去年のうちにHさんは辞めたそうだ。
正しくは辞めさせたとか。


あんたみたいなのはどこに行っても勤まらないぜ!!!

ほんと、本人目の前にして言ってやりたかった~~!!!




ご静聴ありがとうございました( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nankandia.blog67.fc2.com/tb.php/85-195431f4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。