スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポツネンの音楽】を聴きながら【Dropネタバレ】

会場にて購入したCDの【The Opening of "maru"】がかかった瞬間

「うおーーーー!」


と叫びました。なおです。
好きなんだよね。
お元気ですか。

えー。記憶がまだ新しいうちにネタバレな感想を書いておこうと。

その前にCD止めなくちゃ。
良すぎる・・・。止まらない。
あ。コッチの感想はまたの機会にwwww


ネタバレなお話は、会場内(続き)に入ってからになります・・・



では。携帯の電源はお切りになってお静かにお進みください。




これよりネタバレになります。
まだ公演をご覧になっていない方。
興んでいない方。
「は?何言っちゃってんの?何様?」という柔軟なお考えをお持ちでない方。

読むの止めた方がいいかも。


だって。ちゃんと感じたこと書きたいから。
ダラダラだしwww
反応が怖いんだもん。

補足:最後の最後に勝手に釈然としております
しかも読み返したら事務的・・・(泣)







まず、ハコに入りまして感動。
パブリックシアターいいわぁ。なんてステキなハコ。
セットを間近で見たくて前まで行くもスタッフの方にやんわりと「あんまり近づいちゃダメよ」と注意されまして・・・。お恥ずかしい限りです。そうだよね。大人気なかったです。
それよりもなによりも中央部まで行って念願(?)の客席を仰ぐ。

すげー。3階席まで綺麗に見渡せる。圧巻。
この中で客席の「何を見せてくれるんだろう」という期待を背負い、
私が立っている場所のほんの何メートルか後ろで、たった一人で。

そんなことを考えながら開演時間を待ったのでした。

開演時間まで、知り合いとちょっとお話したりして。

さ。曲調が変わりましたよ。




賢太郎くんは普通に現れました。
うーん。セットに負けない存在感。

言葉に継ぐ言葉の応酬。
何役も何役もこなし、ちらりと見せる「素」
笑いどころも押さえつつ、きっちりしめる。

でもなんだろう。
でも。
うん。悪くない。悪くない。
でも。

中盤あたりからしっくりこないような、何かが違うような。
そんな思いを抱きつつ。

疲れてるのかな?いやいや

「アナグラムの穴」では中央の画面に見入る客席をちらりと見てニッコリしたり
ケムシくんと遊んでみたりwww
あ。アナグラムはあっさりしてたんでもうちょっと遊んでほしかったかな。
「ネアンデルタール人」のくだりくらいの遊びが続いてくれればいいのに。なんて。
個人的に、ちくわマンが面白かったw

それと、小宮山さん再登場と
ウルトラクイズの逆視点

これかな。「何かが違う」と感じたのは。
新しいものとして出してほしかったのかもしれない。
これは観客の我侭だよね。

音のアテレコは好きだったなぁ。
電話のベルをフラスコと電動歯ブラシ
カセットテープのテープ部分をコントの中でばらしておいてアテレコで出てきたり
一斗缶の使い方に糸電話の犬の鳴き声
果てにはドロップ缶。
すげー。

そして全体がドロップ缶から出てくる江戸っ子魔法使いとケムシ等で統一されている辺りも。

映像(モップ)はいつもにましてピッタリだったー。
3階から観た方にはもしかしてズレてたんじゃないかしら。
雨粒がピタッと止まったときの映像は凄かったなぁ。
飛んだしwww
しゅひん・・間違えた「手品」も観れたしww
タコの動きも映像からの動きとぴったりだったよねーー!
ラストの「Drop」の文字を描くのも綺麗に決まってたし。

でも。(あーまた言っちゃった「でも」)
映像に関しては繋がりが最後に出てきた「ケムシ」だけだった?
なんか勿体無いなぁ。なんて思っちゃったのです。
折角ここまで関連付けてきたのになぁって。
いや、私の記憶違いなら是非補足してくださいね。
なにせ私、自分の記憶力を信用していないのでwwww

すっごい笑ったし、幕間すら魅せる賢太郎くんに感動さえ覚えたはずなのに。

なんだろう。釈然としなかったのです。
でも素晴らしかった。凄い。
という気持ちにはかわりないのです。

自分に釈然としていないのかもしれません。
圧倒されてしまいすぎたのかもしれません。
答えが出たときには、ぜひお知らせしたいと思います。(でるのか?)


あ。そういえば音楽が記憶に残ってないや。
うーん、悔しい。


カテコは4回?最後はヘロヘロで登場。音楽に合わせてスティックを持って派手にドラムマイムをして去っていきましたwww
本当にお疲れ様でした。


【Drop】を観劇する前に「国立科学博物館」に行ってまいりました。
セットはまるでそこが「まりっ」と引っ越してきたような感覚でした。
行ってよかったな。
「ダーウィン展」は旅の記録や生い立ちや環境だけでなく
もっと掘り下げたところまで見たかったな。という感想でした。
「どこを?」と言われると困るんだけどwwww



以上でネタバレ的な感想はおしまいです。
どうでしょう。ちゃんと書けてますか?

あ!!!最後の最後で。
「コントバカ」
あ!そうか。
もしかしたら私は「目に見える芸術的」なものを期待していたのかもしれない。
「Drop」は「言葉の芸術」だったってこと?
お?釈然としてきたぞ?
だから「コントバカ」?
はぁーーーーーーーーぁ。
数々のわからんちんな感想失礼いたしました。
言葉を紡いでいくことで生まれる見えない芸術もあるよね。そうだよね。
そう考えると「見た目」にこだわった自分が恥ずかしいです(^ω^;)(;^ω^)

そうかぁ。
そうだったんだ。

うんうん。


〓暗転〓



長文、読んでいただけた方ありがとうございました。
勝手に思い違いをしてかってに釈然としてしまいすみませんでしたw
これも経緯なのでダラダラと書いてみました。

「なるほどね」な方
「いやいやいやいや」な方
そして、興んでないけれど読んでみた方

どちら様もお疲れ様でしたwww
お忘れ物のございませんようにお気をつけて優しくコメントくださいませww


では。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nankandia.blog67.fc2.com/tb.php/847-b20aa6d3

コメント

なおさん おかえり~ ニヤニヤ。
感想から。
何かが消化しきれない感があるのかな???
そりは… そりは… なおさんがお客さんというよりは
役者さんとして観劇していたからではない???
え? 違う?(笑)そっかー。じゃ、なんだろね?
プー子さん わかんないや(笑)

遊機械全自動シアターのお芝居を、
パブリックシアターで観たことがあります。
"Drop"同様、ノスタルジックな演目にあいますよね~

とにもかくにも、お疲れ様でした。
(ポツネンCD確かにいいです!)
ありがとう!
プー子さん: ごめんね。ごめんね。しくしく。
確かに「何か吸収できるもの」を期待して行ったのはあるけど、役者つってもプロではないから素直に楽しもうって気持ちのほうが大きかったんだよね。
なのに、なのに。こんなこと書いてしまいましたさ。
雰囲気にのまれてたな、完全にwww
悔しいっす。も一回観たいっす!(泣
弱点都市大会
お疲れさまでした!>東京行き&感想書き

私は、「TAKEOFF」のときに同じような状態になりました。
すっごく笑ってすっごくうっとりしてすっごく楽しかったのに、
………………釈然としない……………

私の場合で言うと、期待していた楽しみどころと実際の舞台の楽しみどころが
ちょっと違ってた、というのも原因の一つとしてあるのかな、と思ってます。
それは不運なことではあるかもしれないが、しょうがないよな、とも思います。
たまたまnyaoさんが、「映像でたっぷり魅せてほしい」という気分だっただけ、
だからその点では物足りなさを感じてしまった、ということ。。。ですよね?
(違ってたらゴメンナサイ)
それはきっと、しょうがないですよ。
そう思っちゃったんだもん。
nyaoさんの見方が悪いとか、そういうことではないと思います、私は。
もう1回見たいって気持ち、わかるな~
私も「TAKEOFF」リベンジしたいです。
「こういう舞台なんだ」ってわかった上で見て、
それで純粋に楽しめれば万々歳だし、
やっぱり釈然としないなら、他に理由を探せるし。


私も音楽大好きだったのに、potsunenサントラ聴いてたら
記憶が塗り替えられてしまいました。
もう思い出せない(涙)。誰か弾いて。アップして。
だけどサントラ聴かずにいられない。

科学博物館、いいなー。
Drop前に行くところとしては最高ですね、きっと。
ありがとう!
りんさん: 私の場合「TAKEOFF」の時は事前に何も情報を入れないで行ったのがよかったのかな。お芝居としてすーっと入ってきたように思います。
「楽しみどころ」その辺りの「ズレ」というか、そういうのは本当に仕方ないことですよね。
なんかね。もしかしたら「甘いファンになりたくない」という変なプライドがあったのかもしれません。例の記事のあとだったし。気にしてるわけじゃないんだけど。
彼が作り出すもの全てに芸術を絡めたかったというか。
けど楽しかったのには変わりないし、賢太郎くんの凄さを讃える気持ちも変わりません。だからもう1度観たい・・・。

なんだか、素直になれてきたような気がします。
ありがとうございました。

科博は下心で行ったのですが、想像以上にはしゃぎましたw
楽しいところでしたよー!また行きたいです!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。