スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪ふざけにしちゃあ

卒園式に行っている間に

GBL


到着。



ネタバレはしないです。





なるほど。
これが幻の…。

な、感じでした。
まさに
「自由人と書いて『じゆうじん』と読む!」

野間口さんって、万能!
台詞のある仁くん輝いている!
美術最高!
短髪賢太郎くん、新鮮!

これ以上はまずいでしょうな。

「TAKEOFF」のセットに立ちたくて、立ちたくて、せめて触りたくて。
目の前1メートル先の舞台にーーーーぃ!!
…ガマンシタケドサ。
でもこのセットにも立ちてぇ。
居心地よさそうだもの。

グダグダかなぁ、なんて思ってたけどそうでもなかったっす。
Rahmens Presents だけあって、聞いたことのある台詞もどんどん。
そして「芸人」の集まりなんだとwwww
仁くんのゲイジツ的世界観と
賢太郎くんの作る独特の世界観にどっぷりはまったのでありました。



こういうのやってみたいな。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nankandia.blog67.fc2.com/tb.php/799-6191520c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。