スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯痛喋無恨晴

今日は旦那が親不知を抜いてきました。

それも特殊だったようで、
先月の末、いきつけの歯医者でレントゲンを撮ったところ
下の親不知が中に向いている。とのこと。

要は、
旦那が思っていた
「上に生えたいのだけど、歯茎が破れなくて痛い」
のではなく
「中に向かって生えようとしているため神経が触って痛い」
のだそうだ。

治療はそれを抜くしかなく。
しかし普通の治療では抜けないらしい。
というので、大きな病院で「手術」と言う形で治療をしてきた旦那。


「たあひあ(ただいまっぽい)」

何とか聞き取れたが

「ほえひえあいえ?いほ。うっへあうほおほうんはへほ」

…ああん?

「いはふへはへえらい」

…あんだって?

「ほういーは」

あっそ。

うん。大体わかってるさ。
「糸見えないげ?縫ってあると思うんだけど」
「痛くて喋れない」
「もういいわ」


ほーっほっほっほっほ。
この恨み晴らさないでか!
ここぞとばかりに
「は?」「え?」を繰り返す私。

ああ。私ってば悪妻♪
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nankandia.blog67.fc2.com/tb.php/616-42164b38

コメント

星の花!
こういう工房があるんだね~!
よし、いつかいこう!って
福島・・・・
いつ行けるんだろう。
親不知、私も内側向いてて、抜くのはすごい大変だった。
でかい穴もあいたし、縫ったし、腫れたし(涙)
親不知、そういう人意外と多いのね!
ありがとう!
まさっぷさん: 関西と東北って思ってる以上に遠いんだよね…。探せばきっとそういうところあると思うよ♪こんな辺鄙なところにだってあるんだからww
親不知まさっぷさんも抜いたのね!
じゃぁこれから旦那も腫れるのかしら…ひひひ。ま、元々顔腫れてるからわかんないかもwww

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。