スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流るるものの意味

先週、友人宅に行った時のこと。
「来週、宿泊活動なんだけど、わかってるよね?」
と言われ、わかりやすいリアクションをした私に
「やっぱりね」
と言い放った彼女は、すぅっと一息吸ったかと思うと
「準備できてんの?ってできてるわけないよね?ちゃんと説明会聞いてた?あーこの人説明会にも出てないんだった。あのね下着とか1日分ごとにジップロックに入れるんだよ、歯磨きセットとかある?少しは準備してんの?アンタのことだからなーーんにもしてないんだろうけど・・・」
と目にも留まらぬ速さで説明してくれました。


・・・・・好きだ。


ギリギリだけど準備してるよ!!今!!
偉いでしょ!
こにちは!なおです!



いわき演劇祭が昨日から始まって、自分とこのチラシを入れさせていただくのにアリオスに行ったりしてます。

その後、お昼を食べに行ったんだけど
あんかけラーメン大盛りとカツどんを頼んだ劇団員コシーが尋常じゃない汗をかいていました。
ご飯粒がこぼれたのかと思ったら汗。
首全体に何かの模様が、と思ったら汗。
もみ上げの部分から2筋の絶え間なく滴り落ちる汗。

私、正直。コシーの肩越しに見えていたどこか懐かしい食堂に備え付けてあるテレビに映るのど自慢が見たくてカツカレーを食べる手を休めていたはずなのに、いつの間にかコシーのポッタンチッタンする汗に心奪われていました。

満腹のお腹をさすりながら、一旦帰宅するべく一人で食堂を出た私がカツカレーでかいた、コシーの100分の1くらいの汗を外の風でこうひまわり畑にいる少女のように乾かしているところに、コシーがきたんで
「すごい汗だったね」
というと、
「新陳代謝がいいんで。」
と言ったあとにこう言いました。


「あんかけラーメン大盛りまではよかったんだけど・・・カツ丼半分くらいで限界がきてたんだよね。つらかった・・・。」


あの汗は新陳代謝&胃の限界のお知らせだったらしいです。

うちの劇団員男子(一部)はご飯物を2つ食べます。1食で。


つか「コシー」なんて誰も呼ばないし呼ばれた覚えもないよね。○條さん。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nankandia.blog67.fc2.com/tb.php/1647-7dcb95c5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。