スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっとそれが正しいんだと思う

「あのさー。元気玉とかさー作ってる時にさー。攻撃できちゃうよね。あ・・ひるんでるのか?」



割と大人な思考回路の持ち主、たー(年長)に
「それ、ママもそう思う」
としか言えない人、なおです。


必殺技って大概隙があって、絶対いけるのにいかないんだよね。
魔人ブーなんてさ。世界中から元気集めてる時待っててくれたもんね。
優しいよね。



ところで、よく学校の下校時間を狙って「なんとか教室」の先生が待ち伏せして案内を渡してくるのって昔からあるよねー。
今日も、うー(小2)がもらってきたんだけど、教室の場所を説明する紙が入ってたのね。

『アタリ』だったよ

うん。間違ってない。
間違ってないんだけど。

なんか「となりのとなり」ってツボだったんだー。

だってさー。
「となり」だからこそ使う言葉だと思ってたからさー。
「赤い看板の○○屋さんの2階」とかさー。
思いっきり道路挟んでるしさー。
私なんかさーひねくれてるから
「となりのとなりって空き地じゃなかったっけ?」
って反対となり数えちゃったりするからさー。

うん。別にどうでもいいんだけどね。
行かないし。


それよりお昼にいただいたおにぎりがいまだに胃と喉を行ったり来たりしてる感覚をどうにかしてほしいよ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nankandia.blog67.fc2.com/tb.php/1570-3cfaa602

コメント

ワロタ
となりのとなり
今度ウチを説明するときに
このフレーズ使わせていただきたい
・・・って我が家に隣りはないwww
ありがとう!
にいまっさん: うちはスナックに挟まれている道路のとなりのとなりです。
・・・わからない。

「知ってる」ことを前提に書かれたもんだよな、と思いましたwwww
是非使っていただきたい。無理してでも「となりのとなり」を作り出すにいまっさんに期待していますww

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。