スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中の姫健在

写真フォルダに入っていた、1枚の

素子列

なんか、急に読み返したくなって、実家から持って来ました。



「新井素子姫」(と呼ばれていた)
34冊ありましたー。



ええ。おいらは「素子派」

「氷室派」のみなさん、こんにちは。なおです。




とある方が「ショートショートで、旦那さんを自分で殺したのに気付かずに旦那さんの帰りを待つ」という話を覚えているがなんだったかしら。

と言っていたので、ちょいと調べようとタイトルを見て
「これか?」
と手に取った本がどんぴしゃ。

「ひとめあなたに・・・」
の『由利子』でしたよー。

これ、すげー残酷なんだけど、素子姫独特の乙女表現で更に残酷さを増す、というか。
「カタギリに捨てるところなし」「クジラに捨てるところなし」という感じで、「爪も髪も全部私の中に」と切り刻むのに幸せそうな、地球が終わる1週間前の「由利子」



ま、元々は「圭子」という女の子が地球が終わる1週間かけて「朗」という男の子に会いに行くって話なんだけどね。


私、素子姫が描く「男子」が好きだったんだよねぇ。
あと「バカ」を「ばか」でもなく「馬鹿」でもなく
「莫迦」というところとかwwww

懐かしー。
読み返そ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nankandia.blog67.fc2.com/tb.php/1512-e30953f0

コメント

太一郎さんv
ハイ、こんにちは!(←氷室派)
とはいえ新井素子もほとんど読みました。
だんな様を刻んじゃう話も覚えてる~
そんな中で食べるハムチーズトースト(だっけ?)が妙にうまそうなんだよね~

ご多分に漏れず太一郎さんが好きでした。
読んでた頃は「太一郎さんの声は広川太一郎さんです」と言われても、
よくわからなくて、だいぶ後になってから知って「えっ、こんなカルいの!?」
ってびっくりしました(笑)。
いっやーんバッカーンな~んて言ったりしちゃったりなんかして!w
はうあ!
ありがとう!
りんさん: 私の周りはなぜか氷室派が多いのですね?

太一郎さん好きなんですか?太一郎さん好きなんですか??太一郎さん好きなんです!!
好きですよねーー。「星から来た船」「星へ行く船」シリーズはもう、ね。
あらーっとなー!痛いってばもー!
お疲れっした!ww
きゃー
私も新井素子さんだいすきでしたー。
写真に出てる本、たぶん全部読みました。
「ひとめあなたに」は一番好きだったなあ。
太一郎さんも大好きです~。
息子に名づけたかったくらい(笑
広川太一郎さんが亡くなったときにはなんだかショックでした。

高校生のとき、東京に遊びに行って立教大学の校門の前で記念撮影したんだよ~。どんだけあこがれてたんだか。
ありがとう!
まさっぷさん: お久しぶりでしー(≧∀≦*)
そうそう!広川さんが亡くなったときは私も不思議なくらいガッカリしましたよー。
太一郎さんは永遠の王子様www

多いなー。太一郎さんマニア!
「お宅」って呼んでほしいっっ!!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。