スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏を探しに~映画館編~

今日みたいに風が強い日は、鼻水に涙に加えてくしゃみまで止まりません。

外を歩いたので、眼鏡をかけてみました。

気持~ち安心。


ああ、花粉症の悲しい性。



こんな日は過ぎ行く夏を取り戻そうと
「どこにいったの夏!夏大好き!夏が好きーーーぃ!キャンペーン」実施中。

ということで、映画館に夏を探しに行ってきました。


早めの昼食をマックでとるべく歩いていると、たーの足元に葉っぱが。
それがこれ(下の記事)。

帰宅した今も大事に持ってますwwww


ハンケチも無事、矢印無印にて購入。
泣く気満々。



観てきたのは
パコと魔法の絵本パンフ

パコと魔法の絵本



折角観てきたので、簡単に感想をば。
(本当に簡単にw)






以下。モロネタバレがあります。

観ていない方、観る予定のある方は

読まない方がいいです


MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人(2004)の内容にも思いっきり触れてます。






いつも遊びに行っている方のブログでレビューを読んで
我慢できなくて行ってきた。

というのが真相なんだけどねwww



地元の映画館で観たんだけど。
どうせ観るならやっぱり郡山まで出るべきだったかな・・・。
スクリーンがちっさい(^ω^;)(;^ω^)
スクリーンの下にむき出しで置かれたスピーカーからの音がまたデカイ!
後ろから2番目の席に座ったのに耳がキーンwwww
お客さんは少なくて、私達を入れて7人。
途中で小さい子が飽きて自分の座ってた席の前の椅子のどこかに指を挟んで取れなくなったらしくて泣く。兎に角泣く。台詞が聞こえないくらい泣く。その子のおばあさんらしき人が出て行く。従業員さんが入れ替わり立ち代り来て、ペンライトで必死に引っこ抜く。取れる。連れ出す。
まぁでもこれは残念だけど仕方ない。子どもだし(泣







映画自体はとても楽しかったなー。
大王が出てきた瞬間、爆笑してたのは家だけだった。
なんか優越感www

そして、舞台に忠実だったのが印象的。
あの世界観なのに、見た目に沿った(?)すっぽ抜けたような台詞とかがなくて
そのギャップも面白かったなぁ、と。

あれ?意味通じてる?
ん?オレだけか?

それと、滝田が落ちた理由とか
室外機が回ると何が起こるのか
タマ子の室町に対しての想いとか
明確だったのもよかったかな。

子ども達に舞台版見せた時は説明しないと「?」だったから。


あー、でもでも!
楽しみにしてた、パコが大貫と出会う
「じじぃ!」
のシーンがなかったのが残念wwwww


あ・・なんか映画版と舞台版の比較みたいになってるorz


んと、んと。
とにかく可愛かったー。
絵本みたいで。
絵本の中に出てくる「ガマ王子対ザリガニ魔人」という絵本。
みたいな。
たー(年中)が結構怖がりで心配してたんだけど
(「千と千尋」の巨大カオナシに耳をふさいで「怖い!怖い!」と泣く子)
沼エビの魔女(CG)は笑ってみてたくらいの可愛さw






そうだなぁ。
お話自体、初見だったら。
映画の方が好きだったかもしれない。



やっぱり、私は
呼ばれたことのないニックネームで呼ばれた滝田が
「ヴァリンヴォリンにかっこいいぜ!」
って言われてたり
タマ子が室町に
「なんと!お前にまだそんな力が残っていたとは・・!」
って何度も言わせて
「・・・いいじゃねぇか」
なんて言っちゃう

舞台版が好きだなぁ。
と思ったのでした。



子ども達は帰ってからも
「ばちゃーん、けろーん!」
「ガマの王子はいじわる王子!」
「許せない!許せない!許せない!」
すっかり、はまってますwwwww




あ。ちなみに夏、見つけました!
ヤゴがトンボになってた!
「せーいっちゅう!!」www
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nankandia.blog67.fc2.com/tb.php/1243-265c5acc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。