スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家にツグノフがやってきた


「こないだ何かDVDを買ったはずなんだけど・・・なんだったっけ?」

と思いつつ、思い出そうとは思わないで楽しみにしていたシロモノが今日届きました。

人間、思い出そうとしなければ思いださずにいられるものなんだよ。
ひゃひゃひゃ。

ちょうど、トイレに入って今まさにジーンズとパンツを一気に下ろすタイミングでした。
ぐっぢょぶ。郵便屋さん。



届いたのはこれ。
ツグノフの面々


ツグノフの森


ああ。久しぶり!久しぶり!タニガワさん!

実はこれ、私の初めての東京での観劇だったのですよ。
それまで「東京」に行くことに時間を費やせる余裕がなかったし
そもそも「観劇をするために東京に行く」って考えすらなかった人だったからw

では。懐かしい話も交えつつ【続き】から、どうぞ。


あ。ネタバレしておりますので、これから見る予定のある方はご注意くださいませね。





これの感想は実は1度書いているのです。
今はなき「いいもん!」にて。(知っている人マーベラスwwwww)
その記事を、ここに持ってきてみました。
読んでみたら、なんか今の私よりできる子・・・っぽい。

以下当時の感想です。

地響きのような音がして暗くなりました。
私の席は前から4列目のど真ん中。

初めて生で見る仁くんは奥のベッドに眠るイズミ(水野顕子さん)の傍らに。

そして、中央付近に敷かれた布団の傍らにミナヅキ(福田転球さん)

もうね。私はこのOPを一生忘れないね。
いや、記憶力がないことに関してはかなりの自信はあるけどww


それぞれが、いろんなものを抱え
地すべりが起きて変わってしまった世界の中心(?)にある森へ。
そこが、画家タニガワ(仁くん)の家。

福田転球さん演じる昏睡中のミズキと、ミズキが夢(ではないんだけど)で出会うペラペラ星人(二次元の三角形の人)がキーマンだったのか。
同じく転球さんが演じるタニガワが描いた絵から出てきたミナヅキと見えない何かバークレーがキーマンだったのか。

んー、とにかく転球さんは凄かった。
1番いろんなものを背負ってる人でした。いろんな意味でww

仁くんはマンスリーショップの中でも言っているようにホスト的な役割でしたね。
終盤イズミが目を覚ますまでは「幸せな人」という感じでした。
愛を疑わず、医者から見離された彼女を献身的に介抱する。
恐ろしいくらいに幸せな人。

そして兄貴(久ヶ沢徹さん)はやっぱり兄貴ww
迷彩服に目深に被ったキャップ。
キャンバスをメジャーで測っている時も
戦闘シーンでも
兄貴!
けど、イズミのベッドからパンツ一丁で出てきたときは釘付けw
服を着ていくところなんて瞬きするのも勿体ないくらい。
あんな所作しちゃうんだ…素敵ww
アダルティな兄貴を見たのは初めてだったんでドキドキでした。



結局、イズミが目を覚ました時に何が起きたのか…

起きたのか…

起きたんだよ、うん。

イズミが起きた。

(うまいこと言った)


そして、タニガワは「幸せな人」じゃなくなった。
けど、イズミが目を覚ましたことで色の付いた絵を描けるようになる。
その瞬間がタニガワが1番幸せそうだったように見えたなぁ。





終わった後も謎の残る 初、舞台観覧だったけれど
不思議なことに
「仁くんと久ヶ沢さんを生で見れた!」
という興奮はないものでした。

「舞台ってこういうものなんだ!」
という思いの方が大きかった…。

残念ながら、帰る時間が迫っていたのでその場でアンケートを書く時間も余韻に浸っている時間もなく会場を後にしてしまったのだけど
観た直後に感想を書くと、時間をかけて書くより出てくるのよ。
いろいろ。
(27日に見た地元劇団の公演ではそうだった)

生舞台はいい!!




なんか・・・・私っぽくなくなくなくねぇ?
なんか、語ってるよー。去年の私wwwww


少し足すとすれば
イズミの部屋でのニュースの場面。
兄貴キャスターと坂田さんゲストの時のあの台詞。
「地震による前代未聞の驚異的な地滑りの結果、市町村など各自治体の境界線が崩れ・・・」
あれ。かみかみでしたwwww
で、坂田さんに
「もう1回やる?」
って聞かれても確か強引に通しちゃってたような。




そして、今回実は某ニコに上がっていた「特典映像」見たさで買った。
なんつったら、怒るかしら。
だって見たかったんだろうもん。
でも、あれ以上でもあれ以下でもなかったwww

あと、ちょっとした座談会の様子が。
キャスターとG2さん・仁くん・坂田さん・岩橋さん・久ヶ沢さん。
終始楽しそうな雰囲気でした。

それと、アオタが地すべりの説明をしてる時、東京では新宿界隈の話をしてたんだけど
それの大阪版・福岡版が収録されてました。


そんなもんかな。

今回DVDで見た感想は、去年の感想ほど書けないのでw端折る。

ただ、画面が暗かったー。
照明が低いところはほとんどみえなかったのが残念。
(兄貴のヌード?もwwwww)

以上。
「ツグノフの森」実況中継でした。
一旦武道館にお返ししまーす。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://nankandia.blog67.fc2.com/tb.php/1240-f09f4773

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。